NO IMAGE

中堅社員研修報告書(レポート)の感想文と所感

中堅社員は管理職と現場の架け橋となるフォロワーシップが求められる立場です。各部署のやチームでも中核的な存在として成果に貢献することが求められています。仮にも新入社員が長く勤めているだけ、というのではあまりに虚しく、かつ、実質的な居場所が職場には無い...

記事を読む

NO IMAGE

中堅社員研修の目的とは何か

新入社員のみならず、中堅社員に対しても様々な形で研修が行われています。中堅社員に改めて研修を実施するその目的はどこにあるのか。これは会社によって様々でしょうが、おおかたの会社の考えを提示してみたいと思います。 産業能率大学が主催した過去のフォ...

記事を読む

NO IMAGE

中堅社員の心構えはどうあるべきか

ここでは、ある調査結果を踏まえ、中堅社員の心構えがどうあるべきかについて述べていきます。 新入社員であろうが中堅社員であろうが、社会的常識とされる「人間としての心構え」については、社会人として嫌でも対応せねばならず、これは自然に醸成されていく...

記事を読む

NO IMAGE

役割認識研修の強化(中堅社員の課題と対策)

「中堅社員に求める役割」について、人事担当者等から聞き取った資料(2009年5月発行の産業能率大学の調査結果)があります。 ここでは、中堅社員の役割遂行の現状を踏まえ、今後、強化していきたい取り組みとして「役割認識研修の強化」があげられていま...

記事を読む

NO IMAGE

中堅社員の役割とは何か

中堅社員育成フォーラムに参加の人事担当者等から聞き取った「中堅社員に求める役割」について、産業能率大学が調査結果を発表しています(2009年5月発行)。ここでは、「中堅社員」の定義を、入社5~10年で20代後半から30代前半の社員としています。この...

記事を読む

NO IMAGE

中堅社員に求められること・あるべき姿

別記事にて、「中堅社員」の定義を入社5~10年で20代後半から30代前半の社員とする、人事担当者等からの聞き取り調査の結果報告を元に「中堅社員に求める役割」について述べています。 これによると、会社が中堅社員に求める役割とは「職場の後輩の育成...

記事を読む

NO IMAGE

研修報告書 書き方の肝(きも)

会社の特定の部署や新たな分野の職業に従事する場合、『見習い』ということもありますが、一般的にはしっかりと「研修」を受けた上で、現場に配属というのが通例でしょう。 研修を受けるということは会社がコストをかけているわけで、その成果が見られなければ...

記事を読む

NO IMAGE

セミナー参加の報告書とは研修レポートのこと その書き方

研修報告書も研修レポートも、あるいは受講報告書も、いずれも同じような「報告書」を意味しています。これらはすべて、セミナー参加報告書というカテゴリーでくくることができます。 故に、研修レポートの書き方は研修報告書の書き方と同様にお考え下さい。 ...

記事を読む

NO IMAGE

研修報告書(レポート) の形式(見本・書式・雛形・テンプレート)

数ある報告書の中の一つが「研修報告書」ですが、研修報告書と一言に言っても、受講する研修内容によって「報告内容は様々」でありましょう。 一般的に研修と言う場合、最も多いケースが、企業における「新入社員の研修」です。新入社員の研修の中には、内定者...

記事を読む

NO IMAGE

研修報告書(レポート)のまとめ方について

研修報告書といってもどのような研修かによって、「まとめ方」も違うかもしれません。また、研修報告書を書くという機会は、「研修」があって成り立つわけで、新入社員研修以降、研修に臨む機会というのはそうそう無いと思われます。 ゆえに、職場のベテランも...

記事を読む