介護職員初任者研修修了試験(筆記テスト)の模擬問題(練習問題)

スポンサーリンク

介護職員初任者研修では、研修の最後に修了確認のために筆記試験が行われます。

本稿では、筆記テスト(試験)の模擬問題と解答をご紹介しています。試験対策のみならず、初任者研修の復習・予習などにお役立て下さい。

筆記試験(介護職員初任者研修修了試験)は、以下、初任者研修の全カリキュラムの中の、「2:」~「9:」までの中から32問が出題されるとされています(東京都のガイドラインの場合)。初任者研修のカリキュラムに要する時間の長さに比例して、各カリキュラムからの問題数も多くなっています。

初任者研修のカリキュラムと研修時間(全130時間)一覧

これだけは知っておきたい「レポート・報告書」の基本と常識【電子書籍】[ 栗原道子 ]

スポンサーリンク

介護職員初任者研修で実施される試験の内容

介護職員初任者研修で実施される試験の背景と内容について申しあげます。

当該研修過程については、まず、厚生労働省がその制度や実施についての指針を示しています。また、介護職員初任者研修を実施する養成機関(つまり各種の学校)は各都道府県が指定しています。そしてその際、各都道府県では、厚生労働省の指針を踏まえた実施要綱を策定しており、これに基づいて「学校」を指定しています。

このような背景から、介護職員初任者研修を実施している学校で出される具体的な問題内容については、基本をはずすことは無くとも、それぞれに違った内容となる部分もある、ということが言えます。従って、当サイトでご紹介する介護職員初任者研修の模擬試験問題と回答は、あくまで平均的なものをご用意しています。

介護職員初任者研修 修了試験の模擬問題

以下は初任者研修カリキュラムごとの模擬問題の一覧です。問題のタイトルをクリックすると模擬問題のページに移ります。

1:職務の理解(6時間)⇒問題なし(出ない)

2:介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)

3:介護の基本 (6時間)

4:介護・福祉サービス の理解と医療との連携(9時間)

5:介護におけるコミュニケーション技術(6時間)

6:老化の理解(6時間)

7:認知症の理解(6時間)

8:障害の理解(3時間)

9:こころとからだのしくみと生活支援技術(75時間)

10:振り返り(4時間)⇒問題なし(出ない)

一覧に戻る

修了試験に合格すると介護職員初任者研修修了者!
介護施設に就職ができます
↓ ↓ ↓


関連リンク先ページ

(参考)
東京都介護職員初任者研修事業実施要綱(PDFファイル)

これだけは知っておきたい「レポート・報告書」の基本と常識【電子書籍】[ 栗原道子 ]

スポンサーリンク

楽天:mkid

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です