介護保険制度に関する初任者研修修了試験の模擬問題

スポンサーリンク

介護・福祉サービスの理解と医療との連携カリキュラムから、介護保険制度に関する介護職員初任者研修修了試験の模擬問題と正解(解答)、及び、補足事項を記しています。

介護保険制度に関する次の記述のうち、正しくないものを一つ選びなさい。

  1. 介護保険の被保険者は、その市町村に住む65歳以上の高齢者、および40歳から64歳の医療保険加入者の2種類である。
  2. 要介護認定は市町村に置かれる介護認定審査会の審査と判定に基づいて行われる。
  3. 要介護認定の結果に不服がある場合は、各都道府県に設置された介護保険審査会に審査請求をすることができる。
  4. 介護保険の財源は、被保険者の保険料と公費(税金)のみで構成されている。
  5. 介護保険の保険給付には、介護給付、予防給付および市町村特別給付の3種類がある。

正解:4

「介護保険の財源は、被保険者の保険料と公費(税金)のみで構成されている」は正しくない。介護保険の財源は、大きく被保険者の保険料と公費(税金)とサービス利用にあたっての利用者負担で構成されている。

これだけは知っておきたい「レポート・報告書」の基本と常識【電子書籍】[ 栗原道子 ]

スポンサーリンク

介護保険制度に関する模擬問題の正しいものへの補足

  • 「介護保険の被保険者は、その市町村に住む65歳以上の高齢者、および40歳から64歳の医療保険加入者の2種類である」は正しい。65歳以上の高齢者が第1号被保険者、40歳から64歳の医療保険加入者が第2号被保険者となる。
  • 「要介護認定は市町村に置かれる介護認定審査会の審査と判定に基づいて行われる。」は正しい。設問のとおりである。介護認定審査会の審査・判定結果を受けて、市町村長が要介護度を認定する。
  • 「要介護認定の結果に不服がある場合は、各都道府県に設置された介護保険審査会に審査請求をすることができる。」は正しい。市町村に設置される介護認定審査会と混同しないこと。
  • 「介護保険の保険給付には、介護給付、予防給付および市町村特別給付の3種類がある。」は正しい。市町村特別給付は、市町村が地域の事情に鑑み独自に設定する給付である。

初任者研修修了試験(筆記テスト)の模擬問題【一覧ページ】へ

これだけは知っておきたい「レポート・報告書」の基本と常識【電子書籍】[ 栗原道子 ]

スポンサーリンク

楽天:mkid

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です