厚生労働省提示・求められる介護福祉士像 の初任者研修模擬問題

スポンサーリンク

こころとからだのしくみと生活支援技術 カリキュラムから、厚生労働省より提示された「求められる介護福祉士像」に関する介護職員初任者研修修了試験の模擬問題と正解(解答)、及び、補足事項を記しています。

厚生労働省より提示された「求められる介護福祉士像」に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

  1. 自立支援を重視し、これからの介護二ーズ、政策にも対応できる。
  2. 予防からリハビリテーション、看取りまで、利用者の状態の変化に対応できる。
  3. 高い倫理性を保持している。
  4. 施設・地域(在宅)を通じた汎用性のある能力を有している。
  5. 身体的・個別的支援を重視することができる。

正解:5

「身体的・個別的支援を重視することができる」は適切でない。正しくは、心理的・社会的支援を重視することができる、である。

これだけは知っておきたい「レポート・報告書」の基本と常識【電子書籍】[ 栗原道子 ]

スポンサーリンク

厚生労働省より提示された「求められる介護福祉士像」に関する模擬問題の【適切】なものの補足

  • 「自立支援を重視し、これからの介護二ーズ、政策にも対応できる」は適切である。
  • 「予防からリハビリテーション、看取りまで、利用者の状態の変化に対応できる」は適切である。
  • 「高い倫理性を保持している」は適切である。
  • 「施設・地域(在宅)を通じた汎用性のある能力を有している」は適切である。

【参考資料】

今後の介護人材養成の在り方に関する検討会

介護福祉士養成課程における教育内容等の見直しについて

介護福祉制度及び社会福祉制度の在り方に関する意見

初任者研修修了試験(筆記テスト)の模擬問題【一覧ページ】へ

これだけは知っておきたい「レポート・報告書」の基本と常識【電子書籍】[ 栗原道子 ]

スポンサーリンク

楽天:mkid

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です