バイスティック(バイステック)の七原則に関する初任者研修模擬問題

スポンサーリンク

介護におけるコミュニケーション技術カリキュラムから、バイスティック(バイステック)の七原則に関する介護職員初任者研修修了試験の模擬問題と正解(解答)、及び、補足事項を記しています。

バイスティック(バイステック)の七原則に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

  1. 同じ疾患や介護環境など、共通点が多い利用者を分類し、傾向を見極めたうえで支援の画一化を図る。
  2. 支援者は円滑な支援を行うため、コミュニケーションを通して利用者の感情をコントロールする。
  3. 介護職員等の価値観や自己のものさしで利用者の言動を裁いてはならない。
  4. 利用者が誤った行動をした場合は、そのつど、誤りを指摘し、厳しく指導する。
  5. 利用者とのコミュニケーションにおいて大切なことは、介護職員等は自己の感情に目を向けないようにすることである。

正解:3

「介護職員等の価値観や自己のものさしで利用者の言動を裁いてはならない」は適切である。介護職員等は、目に見える利用者の言動を自己のものさしで審判するのではなく、その背景にある感情や思いを多角的にとらえる姿勢が重要である。

これだけは知っておきたい「レポート・報告書」の基本と常識【電子書籍】[ 栗原道子 ]

スポンサーリンク

バイスティックの七原則に関する模擬問題の適切でないものの補足

  • 「同じ疾患や介護環境など、共通点が多い利用者を分類し、傾向を見極めたうえで支援の画一化を図る」は適切でない。利用者一人ひとりをかけがえのない存在として、個人を尊重した働きかけを行う。
  • 「支援者は円滑な支援を行うため、コミュニケーションを通して利用者の感情をコントロールする」は適切でない。介護職員等は、利用者が感情を抑制せず自由に表現できるよう、安心感を与えリラックスできるような環境づくりを行う。
  • 「利用者が誤った行動をした場合は、そのつど、誤りを指摘し、厳しく指導する」は適切でない。介護職員等は、利用者の言動や気持ちをありのまま受け止め、拒否や否定の言葉を使わないコミュニケーションを心がける。
  • 「利用者とのコミュニケーションにおいて大切なことは、介護職員等は自己の感情に目を向けないようにすることである」は適切でない。利用者の話を冷静に聞き、その気持ちを察していくためには、介護職員等自身が抱く自分の感情を自覚し、吟味していくことが大切である。

初任者研修修了試験(筆記テスト)の模擬問題【一覧ページ】へ

これだけは知っておきたい「レポート・報告書」の基本と常識【電子書籍】[ 栗原道子 ]

スポンサーリンク

楽天:mkid

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です